イーサリアムプライベートノードを設定する方法

これは、独自のイーサリアムプライベートノードの設定に関する議論です。プライベートノードは、構成オプション、スマートコントラクトコードをテストし、一般的にブロックチェーン環境で遊ぶのに非常に便利です.

イーサリアムは現在、さまざまなドメインで暗号通貨と分散型台帳ロジックのユースケースで最も人気のあるブロックチェーンプラットフォームです.

イーサリアムプライベートノードを設定する方法

これは次のOSでテストされていますが、手順はMacOSとWindowsで同等に有効です。イーサリアムプライベートノードをセットアップする

プラットフォーム:Ubuntu64ビット16.04 / 16.10。 (4ギガメモリ、Intel 2 Ghz)

ノードソフトウェア:パリティ1.5.9

最も人気のあるイーサリアムノードソフトウェアはGoクライアント(Geth)ですが、Rust言語で開発されたParityクライアントでは、イーサリアムインスタンスを実行するための追加の構成モードが可能です。プラットフォームのパリティは、からダウンロードできます。 Parity.io

Ubuntu OSの場合、ダウンロードはソフトウェアセンターからダブルクリックでインストールできるdebianパッケージです。インストール時に、環境コマンドとして使用できるはずです。

G50-70:〜$ parity -v

(これにより、すべての構成パラメーター情報が出力されます。)

パリティは、tomlファイルを使用して、パリティの開始時にプロセスを構成します。開発モードでパリティイーサリアムノードを実行する、すぐに使用できるパラメータセットがあります.

G50-70:〜$ parity —チェーン開発

これにより、通常のデフォルトパラメータを使用してマシンのイーサリアム開発ノードが開始されます。 toml(toml言語)ファイルを使用してパラメータをカスタマイズすることができます。 ethcore githubページのデフォルトのtomlファイルは廃止されたため、多数のパラメーターをコメントアウトする必要があります。.

ここからファイルをコピーできます.

基本的なパラメータは次のとおりです

チェーン= "開発者"

base_path = "/ path / to / empty / directory"

db_path = "/ path / to / empty / directory"

keys_path = "// path / to / secure / directory"

アイデンティティ= ""

#light = false

[アカウント]

ロック解除= [""]

パスワード= ["/pathsafe/password.file"]

これらのパラメーターを使用すると、処理中にbase_pathにブロックチェーンが作成されます.

ノードは、カスタマイズされたtomlで起動できます。 (同じパスにあると仮定)

G50-70:〜$ parity — config dev.toml

ここで、dev.tomlは、同じディレクトリに配置されたパラメータファイルです。.

デフォルトの個々のパラメーターの分析を以下に示します。 パリティtoml

構成ジェネレーターを使用することもできます このファイルを生成するツール. パリティインスタンスは、tomlパラメータと同じ名前のコマンドラインパラメータを使用してカスタマイズすることもできます.

チェーンスペック:

ローカルインスタンスの実行は私たちが行った選択であり、メインネット(デフォルト)またはテストネット(パブリックテスト環境)に交互に接続することもできます。これらの選択肢と他のいくつかのパラメータ チェーン仕様.

チェーン仕様として行う重要な選択は、確認モードとは何かです。 Parityは、「エンジン」仕様を使用して複数のモードを提供し、プルーフオブワークまたはプルーフオブオーソリティチェーンを構成します。後のセクションでエンジンパラメータについて説明します。今のところ、重要なチェーン仕様に名前が付けられています。パラメータ、ジェネシス、アカウント.

名前はチェーンに付けたいフレーズです。paramsはいくつかの最大値を保持し、genesisにはいくつかのgenesisフェーズオフセットがあります。アカウントは、チェーンが開始する特定のアカウント構成を保持します。次のセクションでアカウントを作成します。アカウントパラメータでは、アカウント固有の構成でアカウントに与える開始エーテルバランスを追加できます.

チェーンスペックを生成するためのツールはここにあります。このデモに使用されるファイルは次のとおりです。

ここから見た.

アカウントを作成する:

チェーンを開始する前に、コインベースを形成するアカウントを作成する必要があります。生産で採掘を開始した場合、このアカウントはエーテル報酬を受け取ります.

G50-70:〜$ parity account new — chain chain_spec.json — keys-path dev_chain / signer

chain_spec.jsonはチェーンスペックファイルであり、dev_chain / signerは秘密鍵へのパスです。tomlファイルでこれらを参照してください。パスワードの入力を求められます。パスワードを入力すると、新しく作成されたアカウントを受け取ります。.

アカウントが作成されたら、accounts要素のchain_specファイルに追加します。これを追加 :

"faa6848230f35ea54e38b089699d9532f004865b":{ "残高":

"1606938044258990275541962092341162602522202993782792835301376" })

「faa…」をアカウントから0xを引いたものに置き換えます.

tomlファイルの次のパラメータも置き換える必要があります。

ロック解除= ["faa6848230f35ea54e38b089699d9532f004865b"]

パスワード= ["safe / password.file"]

(「faa」を自分のアカウントに置き換え、「safe」ディレクトリにファイルpassword.fileを作成します。

アカウントパスワード。)

アカウントを適切に構成したら、インスタンスを実行できます。

パリティ— config dev.toml —チェーンchain_spec.json ui

次の出力が表示されます。

2017-04- 2022:57:39メインINFOparity :: run開始Parity / v1.5.3-beta- 82e33fa-20170220 / x86_64- linux-

gnu / rustc1.15.1

2017-04- 2022:57:39メインINFOparity :: run状態DB構成:高速

2017-04- 2022:57:39メインINFOparity :: run動作モード:アクティブ

2017-04- 2022:57:39メインINFOethcore :: serviceInstantSealを使用してDevelopmentChain用に構成

エンジン

2017-04-2022:57:40ハイパークライアントINFOマイナー変換レートをΞ1= US $ 48.05(2477578000)に更新しました

wei / gas)

2017-04- 20 22:57:40 IOワーカー#3 INFO ethcore_network :: hostNATが外部アドレスにマップされました

172.30.0.82:43801

2017-04- 20 22:57:40 IOワーカー#3 INFOネットワークパブリックノードURL:

enode:// f4af9bd554ac11acc2341e7b3fc013590cf9a0545b41e7d440d7beefebd7551d8cdb685d32f7eeae02a

[email protected]:43801 + 639762017-04- 20 23:01:08 IO

ワーカー#1 INFOインポート同期#048d7…8e3e0 blk / s 0 tx / s 0 Mgas / s 0+ 0 Qed#0

0/0/25ピア7KiB db 7KiBチェーン0バイトキュー448バイト同期

2017-04- 20 23:01:13 IOワーカー#2 INFOインポート同期#048d7…8e3e0 blk / s 0 tx / s 0 Mgas / s

0+ 0 Qed#00/0/25ピア7KiB db 7KiBチェーン0バイトキュー448バイト同期

これでチェーンが始まりました。このチェーンはInstancSealエンジンを使用するように構成されているため、トランザクションがないときに余分なブロックを作成することはありません.

ここにウォレットをロードできます

デフォルトのブラウザが設定されている場合、このウォレットUIは自動的に起動します):http://127.0.0.1:8180 /#/ accounts /

ここでJSONRPCを確認できますhttp:// localhost:8545 /

(これにより、HTTPは許可されていないエラーのようなものが表示されますが、それは予想されます)

次のステップは、このインスタンスでスマートコントラクトを作成し、web3.jshtmlテストハーネスを使用してテストすることです。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me